« 二宮金次郎に見る背負子の研究。 | トップページ | 初期のABUリール »

2007年5月11日 (金)

薔薇が咲いた

内の裏庭。猫のひたいの過酷な環境に咲いている。商売に似合わず、あまり手をかけてもらえない薔薇。よくアブラムシにやられて、あっというまに葉が全滅しても、なんとか生きている。塀の外にはシャガ。ゼラニウムの鉢も置いている。そばには雑草も花を咲かせている。黄色はごくごく小さな花でよく道端に見る。すみれの極小タイプも咲いている。この季節はどこでも一斉に百花繚乱。ステレオ写真の頃はよく出かけた。銀塩の古いレンズを入手するとまたよく出かけた。はい、カメラバックと中型三脚を持って。そういうおじさんがたくさんいて、その中に入り込んでいたことも。クラカメとセミクラカメだと静物よりもスナップ撮影に出かけたことも多かった。バルナックライカがやはり良い。古いエルマーやズミクロン、ズミタールがよかった。Imgp47681 Imgp47721 Imgp47731 Imgp47771

デジカメの今はほとんどやらなくなった。せっかくデジカメ一眼と大口径ズームがあるからもったいない。28ミリ70ミリF2.8というやつ。開放で使うと背景がみごとにボケて、花にはぴったり。コンパクトデジカメはレンズが暗いからどうしてもパンフォーカスになっちゃう。画面全体がシャープで鮮明で、仕方がないといえば仕方がない。その用途で使っているのは初代のイクシー。ズームがないけど、一番コンパクトだから便利。

|

« 二宮金次郎に見る背負子の研究。 | トップページ | 初期のABUリール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

アブラムシにはママレモンを適当に薄めてスプレーすると効きます。 

投稿: しげ | 2007年5月13日 (日) 08時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薔薇が咲いた:

« 二宮金次郎に見る背負子の研究。 | トップページ | 初期のABUリール »