« 竹竿の特質とは何か・その1 | トップページ | 丸東のクロダイ竿 »

2007年7月15日 (日)

ミッチェル三兄弟

Img_1184 Img_1185

ミッチェルのリールといえば、まずスピニングとなる。ミッチェルが名声を博し有名だった時代は、今のスピニングリールのようなスプールではなく、いわゆるインスプールの時代。そして、遊星ギア。遊星ギアというだけでしびれるほどのフェロモンが漂った。代表選手であるミッチェル408がうちにある。先入観も影響しているのだが、408は気品がある。これにつられて、ダイヤモンドマイクロ7というのも使った。雰囲気と外観が国産の中では似ているというリールで、評価が高かった。たしか大森製作所だったかな。

ところが、ここのミッチェル三兄弟は両軸大型リールである。象牙色のスプールで白い貴婦人とかなんとか呼ばれた。経年劣化でかなり汚くなっている。マイナーリールではあるが、それほど珍しい物ではない。その当時、アメリカのペンがなんといっても主流派で、ダイワ、オリンピック、スエーデンのアブ、そして少数ながらフランスのミッチェルはどこでも見られた。関東の石鯛釣り場で、といっても沖磯限定としてそこそこのベテラン磯釣り師が10人いたとすると、ペンが4人、オリンピックが2人、ダイワが2人、アブが1人、ミッチェルが1人。それほど間違ってはいないだろうと思うが、あくまでも印象である。しかし、磯釣りクラブに限れば、先輩の影響で、ペンが軽く半分以上になる。ごくごく珍しいのはツルーテンパーとかオーシャンシティー。こういうのは、へー、こんなのあるのって感じ。

Img_1187 Img_1188 Img_1189 ここのミッチェルでは624というのが一番大型で、ペンの68番に相当する。糸巻き量は相当ある。600はペンの140番や200番と同等。であるから最も使いやすい。620というのはかなり小型でペンでは100番くらい。ブダイ釣りには最適である。カニのぶっこみでも、浮きでもちょうど良い。

Img_1186

ミッチェルのハンドルは写真のように丸形握りであった。小型の620にも丸形ハンドルがあった。スタードラグには番号が刻印されていて、ドラグの締め具合が分かるようになっている。これは他のリールには見たことがない。使っていた当時はそれほど感じなかったが、ギア比がたしか1:3で現代リールに比べたら低い。そういえば、ペンの155番というギア比がもっと遅い1:2.5くらいのリールを平気で使っていた。140番のスプールと同じで遠投も利き、軽いので使いやすかった。

Img_1191 その当時、一番使ったのはペンの140番、次がミッチェルの600番だろう。その後、アブの9000番と3台ローテーションで使った時代があった。10000よりなぜか9000の方が使いやすかった。

|

« 竹竿の特質とは何か・その1 | トップページ | 丸東のクロダイ竿 »

リール」カテゴリの記事

磯釣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120168/15763798

この記事へのトラックバック一覧です: ミッチェル三兄弟:

» クロダイ釣りがすき [日記Ⅲ]
去年までの、磯のクロダイから ことしからは、船のクロダイに転向 そしたら、いともかんたんにクロダイが いままでの 磯釣りのコマセワークから、潮のながれ エサトリの有無、あれはなんだったのか? 同じクロダイなのに 磯釣りのほうが、ずーーーと むずかしく感じるのは、自分だけか 磯の醍醐味は、やった人にしかわかりません 体が、若いころのように ビシ... [続きを読む]

受信: 2007年7月15日 (日) 21時08分

« 竹竿の特質とは何か・その1 | トップページ | 丸東のクロダイ竿 »