« 明治の有名人、笑子ちゃん | トップページ | お祭り21年 »

2009年9月14日 (月)

片貝花火

Imgp5896a 9月9日、10日、家内と89歳老母と一緒に新潟県小千谷市の片貝花火を見物にいった。知る人は知る片貝の花火。日本一の四尺玉が上がる。小千谷市片貝町の住民は日本一の花火人間たちである。町民の生活は花火と共にある。四尺玉は知っていたが、片貝の花火にこのような背景があるとは知らなかった。感動的でもある。とにかくスゴイ。あっぱれである。褒めすぎではない。こういう町があるのだ。いまでは珍しくないかも知れない三尺玉の発祥地でもある。浅原神社の祭礼に奉納されるのが片貝花火だ。

片貝花火の歴史でググるとたくさん出る。たとえば、

http://www.geocities.jp/noa6171/works-b2001/hanabi.htm

冒頭を引用しよう。

死んだら花火と一緒に夜空に散る。それが夢だ。
 「墓も葬式も要らない。燃やして残った骨を星(火薬)に混ぜて尺玉にして打ち上げてほしい。星が微笑む漆黒の大空に、一瞬間だけ輝いて、何もなかったかのように消えてなくなりたい。その輝きが、好きだった人たちの記憶に残るだけでいい・・・」諸行無常か仏陀の教えか、哲学的でもある。

うーむ、スゴイね。中略。

Imgp5849aImgp5852a Imgp5850   「片貝人」の人生は花火に始まって花火に終わる。子供が生まれると親は我が子の、祖父母は孫の誕生を祝い、神社に花火を奉納する。その子が本家の跡取りならば、親戚中で祝う。小学校入学、中学校、高校合格、親は子の成長を花火で感謝する。そして20歳。厄年、還暦、古希、自ら花火を打ち上げ、人生の節目を知る。村を出た人々は、祭りでより大きな花火を上げることで、故郷に錦を飾る。そして、死。妻が夫が、子が孫が供養の祈りを、空に捧げる。

うーむ、そうなのか、、、。

地元では奉納煙火という。

http://tokihakutaka.fc2web.com/saijiki/0609/060909.html

ここでは地元中学の同級会が20歳、33と42の厄年、50歳、60歳の還暦にみんなで打ち上げると書かれている。結婚式で上げ、子供が生まれて上げ、死んでも上げる。この2日間のために毎日働くという。花火にはたいへんなお金がかかる。

Img_4369 Img_4373 新聞の大きさの花火番付がある。大半が個人の打ち上げだ。家内安全、健康祈願、孫誕生元気で育て、還暦祝いも多い。それぞれ何時何分打ち上げと予定されていて、その文句をスピーカーで流しての奉納打ち上げなのだ。父何回忌追善供養なんてのも多い。すべてがそうなのだ。企業もたまにあるが、提供ではなく、奉納なのだ。とにかく、なにかにつけてドーンなのだ。お祝いでドーン、供養でドーン、記念でドーン、人生の節目でドーン。片貝の人は花火にお金がかかる。同級会は大スターマインの競争だ。たとえば、今年の厄年42歳は36回卒業生の成友会。祝50歳は28回卒業生の双葉会。いいねえ。こういう同級会。お金を貯めてはスッカラカンになるのだろう。町会で上げるのもあるのかな。特別にやるわけでなくても、毎年いやでも花火に30万円くらいはかかると聞いた。一般の標準なのかな。

Img_4370 Img_4372 四尺玉は2発しか上がらないが、一発500万円とか。尺玉以下だったらいくらくらいかな。数万円だろうか。こういうのは尺玉の前後にセットで7号とかいって上がる。尺玉の二段打ちというのが一番多いようだ。

花火撮影はフィルムカメラでステレオ撮影なので、そちらはまだ上がってこない。デジ一眼撮影は一部しかなく、しかもあまり良くない。三脚に載せたステレオバー2台方式の片端に申しわけで載せたようなもの。気合いが入っていない。

|

« 明治の有名人、笑子ちゃん | トップページ | お祭り21年 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

新潟県は花火が盛んですよね。
長岡・見付と新潟を見たことがあります。

新潟は8月の終わりにあるのですが、「新潟花火を見た」と言う事は大学の成績が悪くて補講を受ける為に新潟に居たと(成績の良いやつは9月中旬まで夏休み)いうことなんですよ(^_^;
ワタシは6年間全部見ました。\(^o^)/
今年の片貝は負傷者続出とか・・・大丈夫でしたか?

投稿: 秋山 | 2009年9月14日 (月) 16時44分

まいど!
新潟花火って、万代橋のやつですか。新潟県生まれの亡父も若い頃見に行ったとか。
他に柏崎と、三条と、小千谷の市内でも駅前の橋のところでやるそうです。そこが今回泊まった宿のすぐ裏で、来年の予約しようかと話したことも。
一日目の負傷者は我々の横を通って救急車が桟敷席(3万円)か、有料自由席(千円)のある区画の中に入っていったのを見ました。自分たちは無料自由席ね。2日目は少し離れた無料の片貝中学のグランドで、早めに帰ったので。強風中断とかで30分以上打ち上げが停まったから、昨日は最後まで見たし、帰ろうということで。帰りのシャトルバスに乗れるまで長時間行列です。

投稿: テツオ | 2009年9月15日 (火) 08時50分

万代橋のやつです。
側に後輩の家があるので、いつも特等席でした。
今度魚沼に行かれるときは
http://sobajin.toured.jp/archives/2008/09/28-174149.html
コメントもしていますが、近くの温泉
http://www2b.biglobe.ne.jp/~kondo/onsen/chuetsu/c8/c8-10c.htm
もお勧めです。

投稿: 秋山 | 2009年9月15日 (火) 18時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 片貝花火:

» 片貝花火 [葬儀葬式]
[続きを読む]

受信: 2009年9月14日 (月) 01時37分

« 明治の有名人、笑子ちゃん | トップページ | お祭り21年 »