« 神津島GP石鯛・モロコ選手権大会 | トップページ | ベティペイジが落とせない »

2009年10月20日 (火)

携帯のバッテリーを大容量交換x05ht

ソフトバンクX01HTが昨年08年12月季節外れの海水浴をしてしまったので、機種交換したソフトバンクX05HT。その顛末は

http://siokaze1.cocolog-nifty.com/sakanachann/2009/01/post-d5c2.html

だが、最初からバッテリーの持ちが悪い。ユーザー使用感などをネットで調べると、みなさんが同じ悩みのようだ。加えて、バッテリーが経年自然劣化現象。充電して、通話だけなら別だが、ちょっと使うと1日持たない。ソフトをいろいろ使うからいけない、、、なんて。いろいろ使えるからスマートフォンにしているわけで、本末転倒論理。ブルーツースも常時電力を使っているかな。さすがにGPSを入れっぱなしにしているわけではない。

Img_4419 そういうわけで、だいたい予備充電用バッテリーを持ち歩いていた。ミニUSBだから普通のどこにでもある充電バッテリーは使えない。使っているのは、普通の携帯ほどの大きさのpocket mobaというやつ。3200mahの容量だ。6000円くらいだったかな。これがどういう単位でどのくらいなのかなんてことは知らない。フル充電2回か3回分くらい使えるようだ。携帯本体のオリジナルバッテリーは1340mahだが、9800円の2000mahに換えた。

Img_4418 安くないね。その上の11000円の3000mahもあるのだが、厚すぎる。どちらもバッテリーの厚さに合わせたフレームに交換する。3980円の1500mahの交換バッテリーはオリジナルフレームにそのまま入るようだ。これじゃあ、増量の実感がないだろう。

2000mahのバッテリーでやっと、なんとか使えるようになった。それでも気にしないでバンバンというわけにはいかない。いざとなったら、2000を入れて、32001340を持ち運ぶことができる。合計6540mah。これがどのくらいで、フル使用何時間だか知らない。

Iphonの事情はどうなのかな。娘が使っているからリサーチしてみよう。低消費電力仕様にならないと、こういう道具はよろしくない。

Img_4418_2 ついでにブルーツースのヘッドフォンを揃えた。ソニーのごく普通の売れ筋商品で写真の左。同じブルーツースのイヤホンは写真に右で通話だけで音楽は聴けない。どうしてそんなふうにしたのだろうか。事情はあるのだろうが、良くない。イヤホンは2代目の方がコンパクト。初代は以前の記事にあるが、つるがあって嵩張る。

http://siokaze1.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/img_0709.jpg

携帯が分厚くなってしまったので、ベルトポーチのケースも大きいのに変更しなければならなくなった。

Img_4419_2 なんだかんだと、結局なんだかんだになっている。誰かの使用インプレッションで読んだが、普通の携帯電話とミニモバイルパソコンという選択がある。なんだか現状だと、そちらのコースが良いのかも知れないと思わないこともない。

動画を入れて鑑賞とか、BGMで音楽を聴くなんてモバイル電源では無理だ。不満はバッテリーの持ち以外に、画面がやはり小さいこと。スクロールして使わないとならない。簡単に画面を拡大できるのだが、スクロールが長くなる。タッチパネルの誤作動は宿命みたいなもの。基本ソフトは慣れないと使いにくい。慣れても使いにくい状態からなかなか卒業できない。なんとか普通に使っているけど、とほほ。わざわざ、そういうものをひっくるめて楽しめる境地でないと使えない。

|

« 神津島GP石鯛・モロコ選手権大会 | トップページ | ベティペイジが落とせない »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 携帯のバッテリーを大容量交換x05ht:

« 神津島GP石鯛・モロコ選手権大会 | トップページ | ベティペイジが落とせない »