« アンソニーステレオカード | トップページ | 活畫館の実体写真 »

2009年12月18日 (金)

たぬきの森。勝訴。

地元の新宿区下落合の古い屋敷の森にたぬきが生き残っていたのだが、マンション業者に売られた。都内でもたぬきが生き残っている所は少なくないらしい。しかし、新宿の下落合は目白と高田馬場にはさまれている。ここに生き残っていた。このたぬきは立派すぎて言葉がない。南は河岸段丘で崖。周囲は屋敷の土地が入り組んでいて、公道には狭くて長い通路で接していた。4m幅が30mくらいの長さという。武家屋敷のような門を入って石畳が続けばちょうど良いという感じでお分かりだろうか。いわゆる袋状立地。そこに開発マンション業者は超高級マンションを造ろうとした。地元周辺住人や自然環境を残せという人が、たぬきの森を守れという運動を起こしたことはニュースにたびたび取り上げられたのでご存じの方も多いだろう。正真正銘、都心のたぬき。このブログのリンクに「たぬきの日常」がある。いつも読んでいるが、かなり酔っぱらいのおもしろい川崎在住のたぬきだ。

2004年にこの土地が売りに出された。マンションが建てられないということで業者は動かなかった。しかし、各戸に出入り口を設けた重層長屋という手法を考え出した業者と中庭があるから安全という新宿区の建築課による特例ということで建築確認が出た。

マンションは2009年初頭の高裁判決で中断されたが7割完成。それが、最高裁判決で確定された。業者は新宿区に損害賠償を求めるだろう。そうなれば、新宿区は従うしかない。みどりトラストは自然を残す公園化基金として2億5千万集めた。新宿区には別に公園予算を求めていく。

詳細は以下に詳しく

気になる下落合

下落合みどりトラスト

|

« アンソニーステレオカード | トップページ | 活畫館の実体写真 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ご紹介くださり、また「トラスト基金」サイトと拙サイトへのリンクをありがとうございました。
まだ、緑地公園化にはいろいろな難関がありそうですが、なんとか“タヌキの森”を復元できないものかと、これからも色々と活動してまいります。ごれからも、よろしくお願い申し上げます。

投稿: Chinchiko Papa | 2009年12月19日 (土) 20時24分

ごめんなさい・・タヌキの森を検索中に、この記事を見つけました・・どうか、僕の意見も参考にされてください・・
読まれたあと、削除くださっても結構です。どうか、読むだけ読んで見てください。
また、住民運動やみどりを残す活動を反対する者でもありません。

投稿: たびびと | 2009年12月22日 (火) 01時14分

ありがとうございます。あなた様のブログを読みました。住民トラブルでたぬきをうまく使ったのではないか。という趣旨だと思います。また、先住民があとから来る住民なんて迷惑だと思い、既得権から環境問題を訴えるという図式。この葛藤が整理できないまま、雪だるま式に自然環境を変化させてきた。わたくしは、すべての要因は人口問題と人間のあらゆる欲望からだと一貫して考えております。文明も人口問題が根底にあります。さらにアジア、アフリカの人口問題。楽な生活をしたい。子孫繁栄の本能。産業革命以後、すでに自然と調和するリミットを超えているのは明らかでしょう。なんとか調和させねばならないという動きはあります。で、どうする。そういう知恵が求められているのに、まだまだ歯止めを掛けることはできない。便利でない生活に耐えられるか。アフリカの人にそんなことを先進国からいえるのか。欲望を抑えることができるのか。地球の生物の中で人間だけが勝利者として突出した現状をどう見るかという問題です。そういう観点からみると、ウイルスの大逆襲というのも価値観が違ってくる。そのくらいのことを妄想すべきでしょう。昔、パソコン通信時代の釣りフォーラムで、小西英人さんとこの問題でやりとりしたことを思い出します。そうだよなあ、それが一番の問題だよね、、、ああ、ああ、、、、。

投稿: テツオ | 2009年12月23日 (水) 06時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たぬきの森。勝訴。:

« アンソニーステレオカード | トップページ | 活畫館の実体写真 »