« 八丈島の温泉 | トップページ | 城ヶ島海防演練 »

2012年7月25日 (水)

伊豆大島のイサキ夜釣り


日本全国どこもでも海の日の連休だった。今年は伊豆大島で潮風会例会。7月は例年伊豆仲木の夜釣りだったが、6月と7月予定を入れ替えた。出発港は竹芝ではなく、熱海からの高速船。渋滞心配で朝6時に新宿の自宅まで迎えに来てもらう。いつもありがとう。自宅まで送り迎えの大名釣り。
Img_0445


伊豆方面の渡船なら道具は自宅前で車に、そして港で下ろして船に積み込むだけだ。チャカ付け場で竿を出せば、荷物運びなんてなんでもない。この先もっと年をとっても経験さえあれば、楽勝。大島はどこも地磯。島の釣り宿の車をチャーター。細い磯道は荷物重い。磯に出るのは足場が悪い。疲れる。

熱海のいつも使う港の駐車場が満車。少し離れた海釣り公園駐車場に。こちらは大きくて安い。熱海発11時で大島着11時45分。とても早い。姿勢制御ハイテクの水中翼船でジェットホイルという。ボーイング927という型式だ。飛行機と間違える。セブンツーセブンではない。航空機のエンジンで海水を吹き出す。東海汽船はこの高速船を3隻保有して竹芝と熱海から運行している。中古で購入資金合計は27億円とか。全席座席指定、シートベルト着用だ。
南西の風が強く、裏磯限定。ゆっくりとオーツクロに入った。夕方というよりも午後の早い時間だ。
Img_0448


ここはタイドプールがいくつかある。大昔に会員がどぼんしたこともある。平らに見えたらしい。見ると稚魚が群れている。33フィート防水のペンタックスWG1を水中に突っ込んで撮影してみた。
Img_0470

Imgp0440


はじめての経験なのでうまく写らない。稚魚が背景にめり込んでしまっている。ワイドのまま撮影したのも良くない。水中に入ってファインダーを見るようにという人がいた。水深50cmくらいだから横になって寝そべるべきか。たぶんメジナの稚魚だろう。磯釣りにはデジ一眼もミラーレスも持って行く気にはなれない。潮はカメラには大敵。静かでも、飛沫が飛ぶ。荒れた時はシャワーだし。ミストだらけ。釣りがハードだから。荷物を放り投げることがよくある。よた波で荷物を流してしまうこともある。小物はいろいろ流した。ほとんど回収できない。というか危険。
ワタクシの道具はアブ6500csロケットに古いNFのカーボン4号。ベアリング軸受けに交換してある。8号の遠投カゴ。道糸は6号だったか7号だったかな。ハリスは4号。ハリは12号で当日のオサカナにはちょっと大きすぎた。神津の夜釣りは6号だと先輩から。そんなに必要ないというと、太くても夜釣りは食うと怒られた。でも、やはり他の人より食いが悪い。いや、単にウデの問題でしょうか。リールの回転が軽すぎるのも良くない感じだ。油断できない。サミング遅れで、ちょこちょこバックラッシュさせてしまった。いつもですが、ロケットさんごめん。両軸しか使わない釣り師だというのに、何十年もやっていてまだ体得できないのか。いや、カゴ釣りはほとんどやらないもので、と言い訳。それで善い訳と思っているのか。雑念がある。喝、かーーつーー。って、張本じゃないんだから。
赤いLED電気ウキがユラユラと入って、ボワーと海中で滲むのがなんともいえない。よそ見していると、深く沈んで、まったく見えないことに。あれれ、ウキはどこですか状態。遠投ですから、糸ふけがあれば、すばやく数回巻いて、大あわせ。本来は、こまめに糸ふけを取り、よしきたーーと、水面下に滲んだところでそのままアワセ。ハリに乗れば、グングングンと手応えがあるはず。ワレワレの泉津港向きの釣り座では、潮の流れは沖からぶつけていて、ウキが磯に向かってくる。いちばん糸ふけが出る。それが右になったり左になったり。当日は残念ながらカタが小さくて、ワタクシの場合は道具がオーバースペックだった。神津島夜釣りでフエフキが多発、竿をのされたなんてあるからねえ。ここは大島で神津ではないっていうの。2号竿のフカセでも余裕というサカナばかりだったのが残念。40cmが中心なんて天国状態を夢想したのだけどね。無理だった。はい、神津でイサキ50cmというのを釣ったことがあります。大型ばかり。あの時はすごかった。過去の輝く瞬間ばかり思い出して、人間は次第にフェードアウトして、最後は消えていくのだ、、、、、、。いや、おまえは行いが悪いから認知症になるかもって、、勘弁してくださいよ、まったく。文章がおかしくなっている。格調が皆無だ。
一晩中ポツポツきた。たまにサバの猛攻。仲間もほとんど同様。ナギは良かった。風裏だからだいたい穏やか。まあ絶好に近いとすべきかな。
Iphoneの愛用アプリに星座表ってのがある。GPSと連動して空にかざすと、星と星座がわかる。日の出ころ夜釣り終了。綺麗な朝焼け出るかなと撮影用意。
Imgp0446

月と金星は明るくて分かった。金星の上にかなり明るい星。これが木星だった。三角形にそろっている。へー、すごいなと思った。これは地球から見える明るい天体のベスト3です。火星が近づいた時、木星より明るくなる場合もあるらしい。
ついでにタイド潮というアプリも良い。潮時表です。
夜釣りのあとは温泉。大島御神火温泉が元町にある。
公営の温泉施設。残念ながら循環です。源泉掛け流しではない。朝6時30分から。朝からたいへんよろしいです。ゆっくり休んでから出船港の岡田に。
Img_0458

イサキはだいたい釣れるはずだから、大宴会をやると仲間に予告していた。これ持っていってくださいと追加のイサキが加わって、30匹くらいになった。
大きいサバをシメサバに。
今回の釣りは合格点だろうな。
Img_0460

|

« 八丈島の温泉 | トップページ | 城ヶ島海防演練 »

磯釣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120168/55275959

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆大島のイサキ夜釣り:

« 八丈島の温泉 | トップページ | 城ヶ島海防演練 »