« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月23日 (水)

潮風会HP引越し再開

ウチの潮風会のホームページの引越しが完了。
全日本磯釣連盟 関東支部 潮風会。
実は、事情がありまして、このブログをやっているワタクシが会長をひきうけざるを得なくなりました。
よろしくお願い致します。
このブログのリンクからもいけます。
現在相互リンクの更新を諸方面にお願いしているところです。また、新たなリンクも大歓迎いたしますのでよろしくお願いします。
http://siokaze.cool.coocan.jp
Image_7


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月神子元島

Image_2
潮風会の4月例会。磯割は亀根、青根、沖青根。凪ならなんといっても亀根に。磯釣り師なら誰でも乗りたい一級磯。当会の担当者は、強く要望を入れていたが、
当日は北東系の風かなり強い。予報では9m。さらに満潮が朝7時だから無理。海水温16度台。条件悪い。この風は本島を背にするので青根、沖青根はなんとかできるだろうという見込み。
Image_3

ワタクシは、後輩と二人で青根に乗った。足場は猛烈に悪い。老人向きではない。鳶職の若い衆向きの磯だ。一番右端の釣り座に入った。釣り道具を置く平なところがない。
Image_4
この釣り座はそうとう小さく悪い。
潮は下り。青根ではそれほど早くない。止まったり動いたり。
オニヤドカリのエサでマジメにやったけど、ダメだ。エサ取りのアタリばかり。
Image_5

沖青根には当会の三人が乗った。見るからに足場が悪い。メジナとイサキ。こちらはボチボチ釣れた。本島の本場に入った会員はダメ。水道の潮の流れが早かったという。
結局、今年の水温上昇がワレワレの例会日には間に合わなかったことに尽きる。

ダイバーを満載した船から、30人くらいがダイビングするようになった。
Image_6

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年4月14日 (月)

落合囃子連合睦30周年


記念祝賀会が2014年4月13日神楽坂アグネスホテルで行われた。
江戸中期から、阿佐ヶ谷囃子(田淵流、中間囃子の発祥地)が井草、貫井、荻窪、中野、鷺ノ宮、新井、戸塚、鳴子、落合、遠くは所沢、青梅などの青梅街道沿いの農村に広まっていった。うーん、なんのことだかよく分からない。
途絶えていた落合囃子を復活させたわけだ。落合囃子は、鷺ノ宮囃子系の戸塚囃子の田淵流、中間囃子を継承している。分からないことには変わりはない。戸塚村というのは町名変更で高田馬場になりましたが、早稲田村の西ですね。その西が我々の落合村です。戸塚囃子は山の手を代表する囃子のひとつ。新宿区の無形文化財になっている。ググってみると、祇園囃子、葛西囃子、神田囃子、目黒囃子なんてのが出てくる。わけがわからないことには変わりはない。ま、とにかく地域活性化、伝統継承として、立派であり、意義がある。
江戸時代から明治くらいは完全農村。その後山手線の中あたりは山の手になっていった。このあたり地区の祭礼の伝承ということであります。
出席者を見ると、氏子地域の町会の幹部、祭礼睦会の幹部、各地区の氏子総代、子供がかかわるのでPTA関係者、各地区の消防団幹部、地元区議会議員の一部とか、地元有力者一覧の様相を呈していたよ。Image


Image_2


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月 8日 (火)

フライトジャケットMA1その2

Image
これはもっと古いタイプのMA1。1950年代らしい。特徴は左胸に意味不明の布が縫い付けられている。これは酸素マスクのホース固定用のクリップかなにかをここにセットするものらしい。Image_2
さらに両脇のすぐ前になにかの固定用のホックみたいのがある。それぞれ詳しい効能書きがあるのだが省略。裏地は緊急用のオレンジ色になる前。ポケットにはフラップはない。リバーシブルで着られるように裏にもポケットがある。払い下げ品の本物か本物ではないのか。どうもレプリカじゃないかなと思っている。メーカーは一番多く官給品として納入した会社である。Image_3

これ以上に突っ込むと、本物のマニアになってしまう。ワタクシはとてもそんなレベルには突っ込むことはできない。ネットで20着か30着バリエーションをコレクションしている人がいて、解説を見たことがある。しかし、どういうネットサーフィンでたどり着いたのか2度と探せない 。こういうことはよくある。知人の中で5着くらい持っている人がいる。けっこう珍しくないのかも知れない。
左肩の下に空軍のアイロン圧着パッチがある。これはいい枯れ具合だ。。
Image_4


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年4月 4日 (金)

フライトジャケットMA1

Image
もうひとつの代表的ジャケット。実用ジャンバーとしてフライトジャケットを意識しないで見られたり、着用されている部分もある。ちょっと調べると色々な情報が出てきてマニアアイテムであることが分かる。それはほとんど切りが無いほどである。だから触れないほうがなんぼも良い。これすごくあったかいんだ。中綿が入っている。軍用だから、有無を言わせない性能だ。もうひとつもっと初期のものをもっているので次回あっぷする。
最近は、最近でもないか、特命係のかめやまあ、、、でのべつ目に入ってくる。もうひとつすてぃーぶまっくぃーんでも。亀山もでる、マックィーンモデルが売られているくらいだ。もちろん軍用払い下げ品ではない

Image_2

このモデルのころは、ポケットの中にタグがあって、形式とか年度とかあったらしい。まったく見えなくなっている。
Image_3
亀山とマックィーン。

Image_4


Image_5


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年4月 1日 (火)

神田川の桜

Image
西新宿で中学同期会をやった後、桜が一挙に咲いた。神田川の桜。川に沿って、延々と続く遊歩道がある。Image_2

犬のお散歩コースでもある。両側から川に張り出している。心がウキウキする。ウキウキするというのは暗くなるの反対で良いね。あたりまえだ。しかし、心の持ち方でもあるのよ。
ともかく、イケドモイケドモ、桜。Image_3

お酒呑み大好き人間もウキウキするだろうが、あまり飲めないワタクシは、この部分は少ない。
青梅街道の淀橋から、下落合の旧合流点まで、新宿区と中野区によって整備された。少し中断されて、高田馬場近辺も完成度低い。
都電荒川線。
Image_4
明治通りの神田川と妙正寺川の新合流点から江戸川橋まで。このあたりは豊島区と新宿区によって整備されている。江戸川橋の椿山荘下にくると文京区と新宿区だ。文京区側は遊歩道が広がって細長い公園になっていて世間でいうお花見のできるスペースがある。Image_5
新江戸川庭園、もとの細川邸。永青文庫が上にある。細川家の文化財がある。松尾芭蕉もこのあたりに関わりがある。神田上水。ゆかりの神社もある。< class="image-full" alt="Image_8" title="Image_8" src="http://siokaze1.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2014/04/01/image_8.jpg" border="0" />
Image_7


だいたい、お散歩移動型である。パターン別とすると、玉川上水型かな。目黒川にもありますね。世田谷には旧川筋にけっこうあるような。
さくらといえば、WOWOWでやった寅さん全作品をDVDに落としたファンとしては、寅さんの妹だが、初見桜という出来すぎのお名前の可愛い中学時代の同級生がいた。騒いでいた友達がいた。ワタクシはクラスも違うし離れた距離から見ていただけ。中学で初めて見た人、初見桜。出来すぎだ。あの人は元気だろうか。散っていないだろうな。会ってみたいなあ。お話ししたかったんだよと、話してみたい。残念だが情報がない。


Image_10


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »