« 紅白仏合戦写真展「仁王さんと観音様」 | トップページ | アンバサダーその7 »

2014年6月 2日 (月)

2014年6月下田爪木島夜釣


Image
潮風会例会は下田が続く。三信丸貸切で大きな爪木島の貸切。微風で晴れ予報。
ところが西が結構吹いていた。爪木灯台側はやりにくい。風裏に行くのは面倒だからそこでやった。しかし潮流も裏だった。上り潮が早く、こちら側が裏でほとんど流れない。やはり風を背にして上り潮が当たる外浦側に移動すべきだった。フカセ釣りやったっり、カゴ釣りやったり、ぱっとしない。
夜中に一時間くらい風がなくなった。その時、足元のフカセ釣りでイサキがバタバタと15くらい釣れた。なんだろう。食いが立つのはわからない。全員苦戦だがそこそこ釣れた。イサキは最大32cm止まり。大きさイマイチ。こちらは釣れなかったが、大きいゴマさばのラッシュもあった。あとはメジナ、25を超えるムツが2つ。

Image_2
これはフカセ釣りの時の明るいうちのスナップショット。2号竿に初代abuアンバサダー6000リール。大変レアーものです。アメリカのebayオークションで数年前、現在のように円高ではなくドル80円の天国のような時に落札しました。見る人がパーツの外観を見たら分かります。ワタクシもコイツに目が止まりました。ハンドルの形が違う。フット裏にシリアルナンバーがない時代。これが最初期型の6000です。まあ、かなりのレベルのコレクターズアイテムです。普通より高価ですが、あまり跳ね上がらないで幸運にも落札できました。世界一の衆人環視オークションでもエアポケット状態に近い時がある。
その時の仕掛け説明写真。Image_3

特徴は。夜釣りはハリスが絡むトラブルがある。それが見えないわけだから、少しでも少なくなるようにテンビンを付けるべきだという、恐ろしいほど釣りまくる三島の釣り道具屋さんから教わったもの。
ついでに、両軸遠投カゴ釣りリールの定番中の定番アブ6500CSロケットと磯竿4号の仕掛け説明写真。両軸リールの竿には木の石突きがないといけないというのが、こだわりの持論。かなり古い、在りし日のNFTのカーボン竿。
Image_4
この仕掛けは師匠から教わったもの。やはり飛行中ハリスが絡むトラブルを少なくする工夫。

|

« 紅白仏合戦写真展「仁王さんと観音様」 | トップページ | アンバサダーその7 »

磯釣」カテゴリの記事

コメント

さかなさん お疲れ様でした。今年は イサギ 当たり年の ようですねscissors 石鯛も 半島で ようやく 釣れだしましたscissors 昨日 入間で 71.5㌢ 7Kオーバー 出ましたね 今年は いまだに 当たりありません。次は 南伊豆へ 行く予定です

投稿: ちびわさ | 2014年6月 9日 (月) 21時00分

ありがとうございます。入間ですか。以前出た中木もそうですが、ポコっと出る感じ。そういえば、オーナーがあった。関東支部総会、懇親会に行ったのですが、静岡の藤川さんとポイントの高尾さんと話していた時、藤川さんからパンフレットを渡されて、よかったら来てよと言われていた。その前が爪木だからちょっとね。
ご注文の南伊豆の潮流。忘れているのじゃないですが、まとめが書けない。疑問点や不明の部分があるまま出そうかとおもっている。もう少しで初解明となるような気がするところもある。

投稿: 潮風 | 2014年6月10日 (火) 07時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120168/59748079

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年6月下田爪木島夜釣:

« 紅白仏合戦写真展「仁王さんと観音様」 | トップページ | アンバサダーその7 »