« 2014年6月南伊豆大瀬夜釣 | トップページ | 初代竿敏三本継総印籠 »

2014年7月20日 (日)

伊豆大島夜釣り2014年7月

Image

このところ定番になった熱海からの大島夜釣り。南伊豆渡船の夜釣りよりも楽だが、地磯に入るまでがタイヘンだ。だがジェット船で熱海から大島45分。夜釣り終了の朝6時から大島御神火温泉で汗を流す。これがとても良い。帰りは出船11時50分に間に合うように休憩室で仮眠。これは最高だ。
http://siokaze1.cocolog-nifty.com/sakanachann/2012/07/post-abaf.html
実は2012年の同じ例会の記事が当ブログにある。基本的にはほとんどおなじ。
渡船ならば、コマセ12キロだろうが、20キロだろうが、なんとか扱える。地磯はそうはいかない。クーラー、コマセバッカン、釣り道具を入れる磯バック。それらをまとめて担ぐためキャスター付き背負子フレームは必須。新しいフレームを買ってしまった。凸凹の磯道を行くのが苦行に近いのだ。平坦な道とは大違い。磯はそもそも道はない。岩の高低差もある。こういうところは老人ではとても無理。だからコマセがフカセ釣りより少なくて済むカゴ釣り。これなら、オキアミ3キロ冷凍アミ3キロで十分だ。
大島に昼過ぎに着いて腹ごしらえ。ベッコウ醤油のズケを使ったベッコウ丼。
Image_2
美味しかった。ついでにベッコウ醤油をお土産に買った。
Image_3

入ったのは、赤岩のとなり、二つ根とその右。二つ根があるから二つ根。そのまんまである。YouTubeにアップした動画が2本。磯の後ろの風景はあまり注目されないだろうが、気持ちのよい環境である。
http://youtu.be/MeKOAIsRQJk
http://youtu.be/9JDE11Uprq0
変わった可愛い花が咲いていた。ハマエンドウだ。そして、黄色いキスゲ。
Image_4

Image_5

まあまあの釣果。
中学の同級生で地元在住の友達を近所の寿司屋に呼んで、宴会。魚持ち込みというワガママを聞いてくれる。美味いと大好評だった。日本酒の銘酒もグイグイ進んだ。とくに、大島特産のベッコウ醤油のズケ。伊豆七島ではワサビが取れないので、島トウガラシを刻んで漬け込んだ醤油を使う伝統がある。有名なのはブダイのベッコウ寿司。イサキの卵と白子。これも美味かった。


Image_7

Image


Image_2


|

« 2014年6月南伊豆大瀬夜釣 | トップページ | 初代竿敏三本継総印籠 »

磯釣」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 履歴書の添え状 | 2014年8月19日 (火) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120168/60015494

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆大島夜釣り2014年7月:

« 2014年6月南伊豆大瀬夜釣 | トップページ | 初代竿敏三本継総印籠 »