« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

べっこう醤油

伊豆七島のべっこう醤油。昔から島ではワサビが無かったので、島トウガラシを使った醤油が生まれた。というのが、発祥らしい。白身魚のズケがべっこう色になるから、べっこう醤油と言われる。

ご存じの通り、伊豆半島ではワサビは特産で、お土産店にたくさんある。島にはない。船で運ばなければならない。貧しい時代にそんなことはできない。なぜ。伊豆の山にある山葵谷には寒冷な水が流れている。日陰で冷たい清水でないとだめ。伊豆七島は火山系の土なので保水力が無い。雨は良く降るのに、飲み水にも苦労するほど水がない。昔は天水が頼りだった。八丈島と御蔵島くらいかな、そうでもないのは。
http://www.oshima-navi.com/gourmet/bekko01.html

大島の岡田港にあるお店では、べっこう丼の他に、島スパゲッティーがある。べっこう醤油を使い、微かにピリッとくる。最初は、あれれ、何、この味、いいねえ、だった。これがおいしい。シーフードの具に島海苔のトッピング。いわゆる磯海苔だが、絡み具合と食感がいい。で、潮風会では誰でもこれを作るようになった。
Ee2b44c3da2049ed9dcaa523ba7af089
お店の島スパゲッティー。
028b3d46f3004e22bcd5a4c5b09265c3
自宅の島スパ。冷凍のシーフードミックスがピッタリ。うまい。海苔がまた良い。うまい。
42c45465efec4f21ad945ec83f3e8046
似たような海苔がスーパーにある。それでも変わらなかった。

潮風会の会員にはべっこう醤油は常識。刺身の一部はべっこう醤油のズケにするし、普通の醤油にワサビではなく、刺身はべっこう醤油で食べるからだ。みなさん自宅に常備している。大島で買ってくる。自宅で作ってみた人もいるらしい。醤油にトウガラシを漬ければ良い。辛いやつが良いだろうね。ハバネロはどうかな。
9c1345ba66d94c598e30a7ab2eaf6b94

島スパゲッティーの他に、肉野菜炒めにべっこう醤油を使ったらどうだろうというのが、今回のテーマです。生活クラブ生協取りよせの平田牧場の豚肉。良い肉です。
346357e51586410c8e3313638d815da5_2

75ebe77af6fb48568525b2963f7f4533

69e6c7be4376489eb10417b5ef03dcfa
玉ねぎ、ピーマン、シイタケ、ニンジン。キャベツがないので、ブロッコリー。ブロッコリーが不安だ。あまり見たことない。べっこう醤油分量で味がどうなるか、これも不安だ。
2af2927d4c064ec1ba57abb5db94568a

結果オーライ。うまかった。オリーブオイル普通に、塩コショウ少なめ、べっこう醤油大さじ3か4。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

染めの小道

新宿区中井周辺のイベント、「染めの小道」もう9回目。きものが廃れて、染色業もたいへん。周辺の協賛商店はそれぞれオリジナルののれんを掛けて参加している。C3b0aba4df74483ab1de2f9e33ba4d70


31127ba339cb458fae3767c10c6f1a5d


948c68336b104ead805557b6850404c0


8b320a178c24457690161f10d71f2be2


79ac93e7c3894411a54b29a31f183311


75434c3d72234aaabf8afcad21a7c69c


5246a8fc814f4014b590193bf44b02e5


B822c1646e5e422ca28d2ec02885f725


4071b10acc014ee5914af110879c0a2c


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月24日 (金)

初期のアブリールその2

以前の当ブログ記事に、初期のアブリールがある。
そして、その後アンバサダーリールの記事を何本か書いている。
これは初期のアブリールその2である。
かなりマニアっぽいので、あらかじめ断っておきます。
アブリールはアンバサダーの前はレコードという名称だった。
アブリールは大好きだが、初級の上くらいで、財力の関係からそれ以上には残念ながら発展できない。
イシダイをやっているのでアブリールの最初は自動二段変速の赤のアブアンバサダー9000からだ。その前はペンリールが主力。イロイロなペンリールの遍歴があります。精密感に痺れて、ほとんど同時に黒のアンバサダー5000Cをメジナ用にした。
3b8c59901a1e4d78ab7d0d9378d95333
レコード1600とレコード1700である。どちらもモデルCである。
ハンドルグリップが黒いのが1700。グリーンが1600。1700はグリップがへこんだ形状。波形リムの形状も異なる。1700が分厚い。
E9d403b1bdea451e8039ef370a183281
1600にはフリクション回転ブレーキがある。スプール軸の直ぐ下にそのつまみがある。1700にはない。
B4baf61f4d6a40b4a078e4b29bfd57ac

B2660ee7c2724db1b6c886bcee5e403e
1700には från からtillというハンドルドラグがある。直訳では、から、まで、だね。ハンドルの付け根にあるギザギザのあるワッシャーみたいなもの。
こういうリールの基本はハンドル一対一というダイレクトリールで、(ここ、あとから修正。正確にはマルチプライヤーリールです。ハンドル1回転でスプールはギヤによって、数回転する。日本語では増速リールということもある。太鼓リールでギアのない場合が一対一)、、、サミングによるミチイトの出し入れ。その使いこなしの楽しさ。竿がギリギリに曲がって強い引きに、こりゃやばいな、となれば、親指サミングを少し緩めて、ズズズーとミチイトを出す。
これはアブ1750の世界で、昔、九州の若松敬竿という名前のクロダイ磯釣り師の大家がいましたね。二段ウキ提唱。ワタクシはそういう釣り方をこの人から知りました。クロダイの普通のタイコリールでもいいのですが、小さくてつかいやすさと、軽い仕掛けを何とかキャステイングできるから。アブ1750はスプールフリー機構が付いている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

2017年2月潮風会利島例会とアルコールストーブ

潮風会利島例会は潮風会ブログにある通り。
位置は

小さい島の北側に一港。冬の北西ダメ、北東もダメ。

これでは島が小さいので風裏ができないよね。
下船して、先端に向かう。


赤い小灯台の下でアルコールストーブがメインテーマです。こんなことやっているから、他の会員が釣っているというのに、ほとんど釣れない。だいたい2匹くらい釣っているころ、竿にリールを装着している始末。



これがその時の再現写真です。ポイントは、スノーピークのチタンカップ、450cc、300ccがピッタリ中に入れて仕舞えるのですが、トランギアが300ccの中にピッタリ嵌まるのがアピールポイント。これが判明したときに感動した。素晴らしい発見だ。その中に五徳が入る。まだ空間があるので、アルコール容器が入れば満点だけど、探してはいるが未達成。
カップヌードルとか、コーヒー、シュガー、ミルク、お茶、ライター、スプーン。白いプラ容器にアルコールを入れています。写っていないけど、軍手は必需品。こんなことやっているから釣れない。もう釣れなくても耐えられる体になってきました。老化でしょうか。









8c502332a0044523b104f1e6ffbde031


Fbfcea0be13d4b8181617b34d1e57403


C61ce16fa69e42f880fece82b86f463a

07bd88c77a054c2ebf1c212b4434d94b_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

曽我梅林梅祭り

痩せているのにデブ症という気に入っているが受けないギャグを克服。小田原曽我梅林に行ってきた。よく晴れて富士山が美しい。人出も凄い。近くの山に登って見晴台からもっと奥まで行った。ほとんどミカン畑。iPhoneアプリで18000歩以上歩いたことが分かった。
新宿区民なら小田原、箱根方面は小田急。新松田乗換で御殿場線の下曽我のはずが、バスに。人出も凄い。晴れていて富士山が美しい。


8d86b011d01a40faa1370350ed59b5c5_2


A2c25ef7ecc74d8aac6b8f327e0324ea

A5f25bdb2b564145b070c8e6d1aeada2_2


275517aeee1649adaff5f77e9d805e5e


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

新宿下落合氷川神社の節分祭

地元神社の豆撒きに行きました。最初に福の神が神前で舞。鬼がやって来て、豆をぶつけられる。弓で追い払われる。追儺。ついな。普通は読めない死語。
58262fd00ea64002a30ba953c68ebd6b


34e282527d4f41b78d2e0182347feac4


Cb0f773df6884a8ba04a02dee1bd8790


5c92c9f61b7c4dfea60565dbc1443b26


6b9dedf5d4e84105954d64e9d6431074

3328db78f103432a8c6db7ae11cf8a90


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »