« 染めの小道 | トップページ | 初期のアブリールその3 スポルト2100 »

2017年2月28日 (火)

べっこう醤油

伊豆七島のべっこう醤油。昔から島ではワサビが無かったので、島トウガラシを使った醤油が生まれた。というのが、発祥らしい。白身魚のズケがべっこう色になるから、べっこう醤油と言われる。

ご存じの通り、伊豆半島ではワサビは特産で、お土産店にたくさんある。島にはない。船で運ばなければならない。貧しい時代にそんなことはできない。なぜ。伊豆の山にある山葵谷には寒冷な水が流れている。日陰で冷たい清水でないとだめ。伊豆七島は火山系の土なので保水力が無い。雨は良く降るのに、飲み水にも苦労するほど水がない。昔は天水が頼りだった。八丈島と御蔵島くらいかな、そうでもないのは。
http://www.oshima-navi.com/gourmet/bekko01.html

大島の岡田港にあるお店では、べっこう丼の他に、島スパゲッティーがある。べっこう醤油を使い、微かにピリッとくる。最初は、あれれ、何、この味、いいねえ、だった。これがおいしい。シーフードの具に島海苔のトッピング。いわゆる磯海苔だが、絡み具合と食感がいい。で、潮風会では誰でもこれを作るようになった。
Ee2b44c3da2049ed9dcaa523ba7af089
お店の島スパゲッティー。
028b3d46f3004e22bcd5a4c5b09265c3
自宅の島スパ。冷凍のシーフードミックスがピッタリ。うまい。海苔がまた良い。うまい。
42c45465efec4f21ad945ec83f3e8046
似たような海苔がスーパーにある。それでも変わらなかった。

潮風会の会員にはべっこう醤油は常識。刺身の一部はべっこう醤油のズケにするし、普通の醤油にワサビではなく、刺身はべっこう醤油で食べるからだ。みなさん自宅に常備している。大島で買ってくる。自宅で作ってみた人もいるらしい。醤油にトウガラシを漬ければ良い。辛いやつが良いだろうね。ハバネロはどうかな。
9c1345ba66d94c598e30a7ab2eaf6b94

島スパゲッティーの他に、肉野菜炒めにべっこう醤油を使ったらどうだろうというのが、今回のテーマです。生活クラブ生協取りよせの平田牧場の豚肉。良い肉です。
346357e51586410c8e3313638d815da5_2

75ebe77af6fb48568525b2963f7f4533

69e6c7be4376489eb10417b5ef03dcfa
玉ねぎ、ピーマン、シイタケ、ニンジン。キャベツがないので、ブロッコリー。ブロッコリーが不安だ。あまり見たことない。べっこう醤油分量で味がどうなるか、これも不安だ。
2af2927d4c064ec1ba57abb5db94568a

結果オーライ。うまかった。オリーブオイル普通に、塩コショウ少なめ、べっこう醤油大さじ3か4。

|

« 染めの小道 | トップページ | 初期のアブリールその3 スポルト2100 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120168/64951679

この記事へのトラックバック一覧です: べっこう醤油:

« 染めの小道 | トップページ | 初期のアブリールその3 スポルト2100 »