« べっこう醤油 | トップページ | 糸車 »

2017年3月 6日 (月)

初期のアブリールその3 スポルト2100

まず最初にネットで見つけて笑った発見です。いろいろと海外のサイトを見ているとリールの強烈サイトがありますね。そういうサイトの一つ。ググるのは難しくありませんから探し当ててください。もう一つ、世界最大のオークションebayのリール情報は必須条件ですから出入りできるようになることが望ましい。
Img_2649

それはこの写真。これを蒐集したんだろうか、まさか。アブリールのコレクターページにあったタクシーメーターの画像。これが元祖のレコード。へー。だからレコードだったのか、感服しました。これだったのか本当の元祖レコードは。アブタクシーメーターは有名ですからその知識はありましたけど。この現物をコレクションしてみたい気持ちは、、ないことはない、、いやいや、そこまではないな。
そこのサイトにあった言葉です。アブリールコレクションは、デンジャラスである。あなたの健康に、、あなたの銀行口座に、、あなたのワイフに、、、。笑った。いや、苦笑に変わった。よーくわかります。あはは、デンジャラス。
Img_2657

以前、ドル円為替相場が80円くらいの円高の時に、ebayからいろいろと入手したことがあります。その中のひとつがこのアブレコードスポルト2100です。美品ではないのに、けっこう入札価格が上がって行ったので無理かなと思っていたら運良く落札できた。狙っている人が多いのです。なにしろ2100の名声は最初期の伝説、赤レコードアンバサダーと並んでいると思います。現在、超美品の未使用元箱セットみたいのが、なんと24万円くらいでebayに出ています。これはいくらなんでもやりすぎです。誰が手を出すのだ、いったい? きっとすでに数台持っている人だと思います。最初の一台がこういうレベルの極上美品ということはないでしょう。その後、初期の赤5000も入手してしまった。最初期ではありませんが、リールフットのウラにシリアルナンバーなしです。なにがなんだか分からない。そうですね。それがふつうです。
Img_2615

Img_2656

Img_2655

で、自動遠心ブレーキのパテントがこの2100らしい。スプールフリークラッチも最初らしいけど、アメリカのリールメーカーの方が早いかも。機構が違うのか?よく分からない。分かる人は相当なビョーキです。ともあれ、アブリールの歴史の中で重要な位置にあります。工業パテントは15年かな。その期間他社は手が出せない。工作精度が良く、非常に良く廻るという神話に2100は貢献した。アブリールが大好きならば所有してみたいと思いませんか?イヤ、そこまでは思わないというあなた。健康です。ハハハ。実用レベルのヤツを落札してしまった長い言い訳です。
この2100にはモデルBという刻印があるます。ebayで色々な2100の刻印違いがあります。王室御用達マークも違います。バリエーションがこんなにあるとは予想外でした。これを論評すると、まさに泥沼で、アブリールファンでもチンプンカンプン間違いなしなのでやめましょう。世界レベルでもほとんどいないでしょう。ebayの写真を詳しく見ないと分からない。

Img_2617


|

« べっこう醤油 | トップページ | 糸車 »

リール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120168/64980583

この記事へのトラックバック一覧です: 初期のアブリールその3 スポルト2100:

« べっこう醤油 | トップページ | 糸車 »