« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月16日 (火)

素敵なお友達

Facebookにアップしたものです。

ちょっと変わっているが素敵なお姉さんの桑原奈津子さんと愛犬キップルが土曜の東京新聞に大きなスペースで乗っていたので驚いた。
あれれ、キップルとキップルねえさんじゃないかよ、、、。
長期の犬のお友だち同士の場合、犬の名前が最初にきて、ねいさん、ママ、パパと呼ぶことが少なくない。犬主体になる。
だからキップルねいさんとボタンパパとなる。なんとなく、お互いに気が合うと思っている。
ネットはお互いにアクティブなのだが、こちらは磯釣りの会の公式HPとブログが2つ。Facebookとピンタレスト、LINEのグループトークで活発なのが2つ、そうでないのがいくつか、家族はPathというマイナーなやつ。そしてたまにしかやらないのがインスタとツイッター、グーグルプラス、あ、フリッカーも一応。老人にしてはメチャクチャかもしれない。
彼女はちょうど逆で驚いたよ。インスタとツイッターが主体で他は放置状態だという。LINEは連絡に使うだけ。正反対だ。
しかし、キップルねいさんのインスタの、これでもか攻撃は凄い。オシャレだし。穏やかで、ホッとする美的センスかな。ヨイショではない。これだけ徹底すれば無敵状態になるね。フォロアーも凄い。一匹の犬と2匹の猫。

www.instagram.com/kwhr725/

https://www.instagram.com/kwhr725/
ずっと昔、他の犬友だちのオバサンから、彼女は料理研究家でネットでもカリスマなのよと聞いたことがあった。その時は詳しくは分からなかったが、ちょっとリンクをたどっていくとイロイロ見ることができる。恐れ入りました。老人のお友達としては自慢できるね、ハハハ。



このお友達とはLINEでいろいろとお話させてもらっている。ありがとう。

別の取材記事もあります。
http://www.one-day.jp/archive/558.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

ロードバイク老人への道

カミサンの友だちの息子が乗らなくなった自転車がある、使うのならどおよ。ウチの娘の同級生が乗らなくなってギアは錆びてパンクしていた。ヨーシ、乗ろうかな、、というのが発端。
ドッペルギャンガーという若者向けの入門レベルロードバイク。見よう見まねでパンク修理した。
ペダルが変な角度で突き刺さっている。外れない。自転車屋さんで力業で抜いてもらった。ネジ山が潰れてしまった。これはもうダメですから、買ったところでパーツ交換を相談して下さい、と言われた。
買ったところって、分からないし、ネット通販で知られているブランドらしい。
イシダイ釣りでは目立てやすりで針を研ぐことがある。これでネジ山修復をやってみた。時間をかけて。抵抗はあったが何とか入った。
タイヤもくたびれていたので、アマゾンからパナレーサーというヤツを買った。ついでにチューブも。しかし、せっかくだからパンク修理チューブもつかっている。

9f787b5ae1a14dcebe6b83d8cab7965b
同級生の友だちに自転車老人がいて、いろいろと教えてもらった。赤いハデなのが貰ったドッペルギャンガー。白いのが友だちの自転車。5台持っているという。
近所を走ってみた。サドルが高い方が楽ということも実感した。なんであんなに高くしているんだろうと思っていた。足つきは悪くなるけど。
サクラの季節、中野の哲学堂野球場に行った。

247b8cf5995c41bdbb3313fb4f7b835f
その後、違う知り合いから、棄てるという自転車を貰った。チェーンが切れて、チェーンなし。いい自転車だよというので、自転車屋さんで修復してもらった。ルイガノというブランドでカナダのメーカーらしい。町乗りでは人気があるらしい。
Df90ebc9a1334cafab931b52f9c61778
自転車が大きくて、どうも合わない。アマゾンから一番短いステムを取り寄せて交換した。ハンドルがだい>ぶ手前に来た。
5bb76766262642db98156e78cb01577b

B01e34b1b0744cb1ada3919ee9390881
ツツジの季節駒込の六義園まで行ってみた。
24259595198e458eaeb3679628e833f0
C1caebafb7414e60b802ecf0fd228747

同級生から、自転車の楽しみ方、無理せずゆっくり、コース調べの材料とか、いろいろ教えてもらった。

1d9f2f18780f4b7db7fb66084bf915fa
そうこうしていると、いつも会うドッグランの知り合いからカーボンフレームの上級マニア自転車を譲り受けることになった。大変高価なものである。車輪とタイヤを調べながら揃えないとならない。もっとすごいカーボンフレームを組み立てたので、こっちは使って見てよということである。ウヘへー、恐れいりました。どういうお礼がよいのか思案中である。

C87e9fef0139471582a44911cfffbd6a


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »