磯釣

2017年4月 1日 (土)

釣魚の記録

Img_2699
ウチの潮風会ブログに、デジタル検量へのテストを書いた。ネット時代、デジカメ写真時代、つまり写真メールを使う検量。全磯連がテストしようとしているわけで、ウチのクラブもやってみようということ。
Img_2700

こちらのブログではその周辺についてマニア的補足する。ちょっと長いよ。

ロシアだったかの古い釣りのバイブルに、釣り師が釣った魚の話をするときは両手を縛れと書いてあるそうだ。開高健が書いていた。次第に両手が広がって、このくらいの魚が次第に大きくなっていく。釣り師の話はあてにならないということ。
http://chofukai.blogspot.jp/2017/03/blog-post_27.htmlImg_7869

魚の記録では、古くは、庄内藩主が釣った最古の魚拓が現存している。有名な庄内釣りは磯釣の源流であり、鶴岡は聖地といっても良い。魚拓はもともとは拓本から由来することは明らか。高校のころ、漢文と書道の時間があって、、、いや、古いね。王羲之の蘭邸序なんてのを覚えている。なんでこんなのが記憶の底に残っているのだろう。漢文の切れ端はイロイロたまに浮上するのだ。え、オマエは明治生まれの教養人かよ?、、、いや、いや、昭和の戦後ですが、何か?
Img_2704

しかしこの魚拓はどういうわけか、頭が右になっている。普通は頭が左。料理の盛り付けの作法でもあるので。直説法魚拓では頭を右にして取ると反転して左になる。大会では検量済みの証拠として、ウラになる胸ビレをハサミで切るのが常道である。違う釣り師が二重検量する不正を防ぐため。

魚拓の不正は難しい。全磯連の大物賞に該当する釣魚は魚拓に取る。自己記録を超えた魚も魚種を問わず取ろうと思っていた。ウチの会の昔に亡くなった先輩で美術魚拓の教室を主催していた人がいた。霞ヶ関の農水省勤務の人だった。この場合は大きい魚でない方が美しい。微妙に目指すところがちがうのだ。

で、魚の検量に戻る。昔は釣り大会で順位を競うのは総重量だった。戦前には、神田釣友会とか浅草などの各町場にあった釣りの会には大関、横綱という番付があったのは有名だ。ハゼ、キス、マブナあたりの釣り物だったから総重量は当然の帰結である。現在も総重量ってあるのか知らない。ヘラブナとか、マブナ、ヤマベなんかはどうなっているのか。シロギスは?全磯連は2尾の全長だ。

大型を釣るのと、小型でも大量に釣るのとは、どちらが偉いのか。名誉か?もちろん魚種により同列ではない。数を釣るものはやはり数で競うのか。一概にはいえない。ハゼは10束超えとか。1000匹である。時速何匹という言い方には驚いた。時速100匹ペースでは10時間で10束。数釣りはワカサギもタナゴもある。でも、数量で競釣すべきじゃない。そもそも競釣はいかがなものか。楽しい釣りはいろいろある。

イシダイ主体だった全磯連は一尾の重量制であった。多数釣るより大きな魚が偉いとしたが、やはり重量本位だけは慣習を受け継いだのだ。イシダイは貫目以上というのが名誉の分岐点だった。3.75キロだ。しかし1958年尺貫法は禁止された。思うに、貫目を超えると難易度がグンと高くなるからであろう。これが大物賞金バッチと呼ばれて、ウチの会でもメッキの金バッチを作っていた。通常は金メッキ、銀メッキ、銅メッキだけど、昔、ウチの会では普通より大きめの18金の本物バッチを作った。通しナンバーがあって、桐箱入り。当時の金価格で1万円で作った。そのバッチにはビロードみたいな座布団が付いている。議員バッチではない。

魚の重さは産卵前と産卵後で変動する。栄養状態でも変動する。エサが豊富な時とそうでない時ではかなり変動する。季節変動だ。生息環境にもよる。重さは不安定だ。長さはそういうことはない。これが長さを第一とすべき理由だ。

ところが、尾ビレ先端は擦り切れとか、他の魚にかじられたとか、同じ魚種でも尾ビレの長い特異個体と短い特異個体とかあり得る。尾ビレの付け根を叉という。昔の武器の叉の形だから。そこを測るのが叉長である。叉長の方がブレがない。と思うのだが、全磯連以外の他の組織が全長制で、比較するとどうしても見劣りして不利である。というのが全長に変えた理由だと聞いたことがある。叉長は全長より2cmから大型では5cmくらい短い。叉のないブダイなどは当然全長である。

大型賞の認定は魚拓提出が必要。魚拓は曲面に沿っているので全長よりも長くなるはず。そうなっていないのはおかしい。魚拓の実寸全長が計測と同じとなれば、メジャーを曲面にして表面を測っていることが疑われる。最長点を測っていないか検証できる。

全磯連では全長は最長点ではなく、自然状態の最長垂線の交点である。これは叉長計測、つまり中央線計測の流れから来ていると思われる。最長点を斜めに計測すれば長くなる。魚拓ではどちらも測れる。ただし、飛行機の翼のような形状の表面距離である。

これを踏まえて、すべて魚拓の記録で比較とすれば信頼できる同一条件となるので組織を問わず、一般釣り師の誰でも同じ土俵に立つので優れているのでは、という考えがある。なるほどと思う。これは拓寸主義とでもいうべきだろう。魚拓はだいたい大物を取る。全長、重量に加えて新たに拓寸のデータを書きこむべきだろう。今は無き釣りサンデーによる魚種別の記録はこの主義であった。最長点の拓寸主義である。

メール写真に写しこまれた日付が必要だな。iPhoneにいくつかアプリがあったのでインストールしておく。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

2017年2月潮風会利島例会とアルコールストーブ

潮風会利島例会は潮風会ブログにある通り。
位置は

小さい島の北側に一港。冬の北西ダメ、北東もダメ。

これでは島が小さいので風裏ができないよね。
下船して、先端に向かう。


赤い小灯台の下でアルコールストーブがメインテーマです。こんなことやっているから、他の会員が釣っているというのに、ほとんど釣れない。だいたい2匹くらい釣っているころ、竿にリールを装着している始末。



これがその時の再現写真です。ポイントは、スノーピークのチタンカップ、450cc、300ccがピッタリ中に入れて仕舞えるのですが、トランギアが300ccの中にピッタリ嵌まるのがアピールポイント。これが判明したときに感動した。素晴らしい発見だ。その中に五徳が入る。まだ空間があるので、アルコール容器が入れば満点だけど、探してはいるが未達成。
カップヌードルとか、コーヒー、シュガー、ミルク、お茶、ライター、スプーン。白いプラ容器にアルコールを入れています。写っていないけど、軍手は必需品。こんなことやっているから釣れない。もう釣れなくても耐えられる体になってきました。老化でしょうか。









8c502332a0044523b104f1e6ffbde031


Fbfcea0be13d4b8181617b34d1e57403


C61ce16fa69e42f880fece82b86f463a

07bd88c77a054c2ebf1c212b4434d94b_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

潮風会HPと潮風会ブログ

これまで潮風会HPがありました。
潮風会公式サイト
更新が大変で、年間スケジュールを新しくするのがやっとでした。
そこで、潮風会ブログと二本立てでいくことにしました。潮風会ブログ潮風会ブログブログなら会員が交代で書いてアップできるからです。
これでプライベートなさかなちゃんブログ、潮風会公式サイト、潮風会ブログの三本に関係することになりました。http://chofukai.blogspot.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月20日 (日)

伊豆大島夜釣り2014年7月

Image

このところ定番になった熱海からの大島夜釣り。南伊豆渡船の夜釣りよりも楽だが、地磯に入るまでがタイヘンだ。だがジェット船で熱海から大島45分。夜釣り終了の朝6時から大島御神火温泉で汗を流す。これがとても良い。帰りは出船11時50分に間に合うように休憩室で仮眠。これは最高だ。
http://siokaze1.cocolog-nifty.com/sakanachann/2012/07/post-abaf.html
実は2012年の同じ例会の記事が当ブログにある。基本的にはほとんどおなじ。
渡船ならば、コマセ12キロだろうが、20キロだろうが、なんとか扱える。地磯はそうはいかない。クーラー、コマセバッカン、釣り道具を入れる磯バック。それらをまとめて担ぐためキャスター付き背負子フレームは必須。新しいフレームを買ってしまった。凸凹の磯道を行くのが苦行に近いのだ。平坦な道とは大違い。磯はそもそも道はない。岩の高低差もある。こういうところは老人ではとても無理。だからコマセがフカセ釣りより少なくて済むカゴ釣り。これなら、オキアミ3キロ冷凍アミ3キロで十分だ。
大島に昼過ぎに着いて腹ごしらえ。ベッコウ醤油のズケを使ったベッコウ丼。
Image_2
美味しかった。ついでにベッコウ醤油をお土産に買った。
Image_3

入ったのは、赤岩のとなり、二つ根とその右。二つ根があるから二つ根。そのまんまである。YouTubeにアップした動画が2本。磯の後ろの風景はあまり注目されないだろうが、気持ちのよい環境である。
http://youtu.be/MeKOAIsRQJk
http://youtu.be/9JDE11Uprq0
変わった可愛い花が咲いていた。ハマエンドウだ。そして、黄色いキスゲ。
Image_4

Image_5

まあまあの釣果。
中学の同級生で地元在住の友達を近所の寿司屋に呼んで、宴会。魚持ち込みというワガママを聞いてくれる。美味いと大好評だった。日本酒の銘酒もグイグイ進んだ。とくに、大島特産のベッコウ醤油のズケ。伊豆七島ではワサビが取れないので、島トウガラシを刻んで漬け込んだ醤油を使う伝統がある。有名なのはブダイのベッコウ寿司。イサキの卵と白子。これも美味かった。


Image_7

Image


Image_2


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年6月26日 (木)

2014年6月南伊豆大瀬夜釣

Image_2

このブログによく登場する潮風会OBの先輩から夕方電話。明日朝出発でイサキ夜釣りに行こう。先輩の今日の明日というパターンは珍しくない。先輩はさすがに老齢で腰が痛いとか、あそこが具合悪いが多くなり、もう渡船夜釣りはほとんど出来ないはず。ワタクシより5歳上の73歳。断れない。
最初は入間福寿荘予定だったが、ここは西がちょっとでも吹くとダメと渡船断る。慎重といえば、まあ立派だが。で大瀬に変更。大瀬の港のすぐ前の鵜の根に渡礁。
Image_3
暗くなるのを待つ夕方の写真。港向き。渡って見ると足場は良い。老人でも大丈夫。イシダイでは一級だそうだ。また、アジも出るところ。
この先輩は神津、ウドネは通いつめた人だが、コマセやエサはいつも有り余るほど用意する。後輩のワタクシは同量と従うしかない。最初のころウヘー、と言っていたが慣れた。夜釣りのコマセは冷凍アミしか使わない。えーと、一人分が5ブロック、15キロである。少しくらい釣れたって、コマセを考えたら貧果になる。今回がそうだった。イサキ20匹、アジ少々。だいたい上物釣り、コマセ釣りなんて、過去はあんまりやってこなかった。メジナ釣り然り。メジナじゃなくて、基本はブダイである。チョー古い磯釣り師のタイプである。エヘン。いばってどうする。でもここ10年くらいは人並みにやっおていますよ。でもやはり下手だから、いつも大したことない。あー、ひと昔前の神津のジャンボイサキ夜釣りはやっています。50cmのイサキも釣った。平均40cmです。神津夜釣り、ウドネ夜釣りは釣り歴長いからけっこうやってますが、道具が両軸リールに4号竿、たまに3号と異端ですから、人にどうこう言えるものでもありません。
すぐそばを、シーカヤックのご一行様が渡っていきます。すいすいと気持ち良さそう。
Image_4
二人とも体力落ちた老人ですから、磯渡しで重い荷物が困る。下手するとぎっくり腰になっちゃう。イシダイ釣りよりも明らかに重い。今回は3キロの冷凍アミブロック4個と付けエサブロックの荷物が一番重かった。氷だけのクーラーは大したことないが、沖上がりの帰りのクーラーが大量だったら重くてどうしようと心配。大した重さにならなかった。大きいのが35cm。


Image_5
http://youtu.be/_pqEVH_Qu6w鵜の根でパンした動画です。
http://youtu.be/_pqEVH_Qu6w

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

2014年6月下田爪木島夜釣


Image
潮風会例会は下田が続く。三信丸貸切で大きな爪木島の貸切。微風で晴れ予報。
ところが西が結構吹いていた。爪木灯台側はやりにくい。風裏に行くのは面倒だからそこでやった。しかし潮流も裏だった。上り潮が早く、こちら側が裏でほとんど流れない。やはり風を背にして上り潮が当たる外浦側に移動すべきだった。フカセ釣りやったっり、カゴ釣りやったり、ぱっとしない。
夜中に一時間くらい風がなくなった。その時、足元のフカセ釣りでイサキがバタバタと15くらい釣れた。なんだろう。食いが立つのはわからない。全員苦戦だがそこそこ釣れた。イサキは最大32cm止まり。大きさイマイチ。こちらは釣れなかったが、大きいゴマさばのラッシュもあった。あとはメジナ、25を超えるムツが2つ。

Image_2
これはフカセ釣りの時の明るいうちのスナップショット。2号竿に初代abuアンバサダー6000リール。大変レアーものです。アメリカのebayオークションで数年前、現在のように円高ではなくドル80円の天国のような時に落札しました。見る人がパーツの外観を見たら分かります。ワタクシもコイツに目が止まりました。ハンドルの形が違う。フット裏にシリアルナンバーがない時代。これが最初期型の6000です。まあ、かなりのレベルのコレクターズアイテムです。普通より高価ですが、あまり跳ね上がらないで幸運にも落札できました。世界一の衆人環視オークションでもエアポケット状態に近い時がある。
その時の仕掛け説明写真。Image_3

特徴は。夜釣りはハリスが絡むトラブルがある。それが見えないわけだから、少しでも少なくなるようにテンビンを付けるべきだという、恐ろしいほど釣りまくる三島の釣り道具屋さんから教わったもの。
ついでに、両軸遠投カゴ釣りリールの定番中の定番アブ6500CSロケットと磯竿4号の仕掛け説明写真。両軸リールの竿には木の石突きがないといけないというのが、こだわりの持論。かなり古い、在りし日のNFTのカーボン竿。
Image_4
この仕掛けは師匠から教わったもの。やはり飛行中ハリスが絡むトラブルを少なくする工夫。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月15日 (木)

2O14年5月下田石取根

Image
田牛の喜一丸から渡船。ここは、たたみ屋という屋号。夜中は満天の星空。4時半ころの朝焼けが綺麗だった。風弱く、波静か。絶好だが海水温が不安。潮流が上りでも下りでもイケるハナレを希望して渡礁。若い娘さんの女船長は9時か10時まで下り潮だろうから、トヨ根に向って遠投とアドバイス。ここの女船長はテキパキと指示を出すから人気がある。
Image_2
潮は実は上りだった。ハナレから40mくらい沖は右から左に早い。オニヤドにはアタリがあるが、小さくて食い込まない。ハナレの左側は潮裏で流れなし。潮は石取の裏側のナライ角に当たっている。本場とハナレの右側は潮裏になる。裏本場は横にかすめているかと思うとそうでもない。小根がブロックしているのか。だからハナレの左側もダメ。ウチの会でもメジナイサキをやった人はボチボチだが、貧果を出ない。イシダイ飽きてルアーやった後輩は良いカサゴ。メタルジグだって。

上りに変わってくれないかと期待して待っていたがダメ。海水温はまだ16度台で上昇しない。アーア。神子元に続いてまたダメかよ。当日はナギで平根にもトヨ根にも渡礁していた。イシダイはどこもダメみたい。神子元のカメ根は出ているようだが、当日はどうだったのかな。
ハナレから裏本場方向。小根が見える。
Image_3
横根から遠くに利島。
Image_4
平根から神子元、遠くに神津島が一直線。
Image_5
ハナレから本場を見る。
Image_6


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月23日 (水)

潮風会HP引越し再開

ウチの潮風会のホームページの引越しが完了。
全日本磯釣連盟 関東支部 潮風会。
実は、事情がありまして、このブログをやっているワタクシが会長をひきうけざるを得なくなりました。
よろしくお願い致します。
このブログのリンクからもいけます。
現在相互リンクの更新を諸方面にお願いしているところです。また、新たなリンクも大歓迎いたしますのでよろしくお願いします。
http://siokaze.cool.coocan.jp
Image_7


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月神子元島

Image_2
潮風会の4月例会。磯割は亀根、青根、沖青根。凪ならなんといっても亀根に。磯釣り師なら誰でも乗りたい一級磯。当会の担当者は、強く要望を入れていたが、
当日は北東系の風かなり強い。予報では9m。さらに満潮が朝7時だから無理。海水温16度台。条件悪い。この風は本島を背にするので青根、沖青根はなんとかできるだろうという見込み。
Image_3

ワタクシは、後輩と二人で青根に乗った。足場は猛烈に悪い。老人向きではない。鳶職の若い衆向きの磯だ。一番右端の釣り座に入った。釣り道具を置く平なところがない。
Image_4
この釣り座はそうとう小さく悪い。
潮は下り。青根ではそれほど早くない。止まったり動いたり。
オニヤドカリのエサでマジメにやったけど、ダメだ。エサ取りのアタリばかり。
Image_5

沖青根には当会の三人が乗った。見るからに足場が悪い。メジナとイサキ。こちらはボチボチ釣れた。本島の本場に入った会員はダメ。水道の潮の流れが早かったという。
結局、今年の水温上昇がワレワレの例会日には間に合わなかったことに尽きる。

ダイバーを満載した船から、30人くらいがダイビングするようになった。
Image_6

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年3月30日 (日)

潮風会HPちょっと中断

全磯連関東支部潮風会のHPは現在引っ越し作業中です。リンク切れとなっています。訪問された方、申し訳ありません。数日中にNIFTYで再開予定です。ちょっとお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧